歩き方と生き方

人の人生の生き方は そのまんま歩き方に現れると思っているのです。

下を向いて、前を向いて、上を向いて、姿勢良く、姿勢悪く、周りを見ずに、ぶつかりそうに、ぶつかっても知らんぷりで、いつも小走りで、いつもゆっくりと、上を向きすぎて浮き足立って、回り道して、つまづきながらも、足元に注意して、こそこそと、いそいそと、颯爽と、ふらふらと、しっかりと、
人の前を先導して、最愛の人と並んで、他人を横目に、人の後ろをついて、、【歩く】

バブルがはじけたころ みーんな下を向いて歩いてました。
そんな調子で経済が上向きになるはずがないのですよ。

足元を見てしっかり歩けばころばないけれど、上を向かなきゃ
目標が見えてこない。

前を向いてぐんぐん歩くと目的地に早く着けるけれど疲れるし
何か大切なものを落としても気づかないしたまには後ろも振り向かないと。

信号が変わるからと言っても渡るかどうかは自分で決めるべきであって、それを無意識に走っちゃう人は何かに流されてます。

仕事バリバリ、姿勢よくびしっと歩いてるのがいいかっていうとそうじゃなくて、空や星や周りの景色やそばにいる人の服だとかに全く目がいかないのはやっぱりバランスが悪い。

ゆる~く散歩みたいに歩くのもいいけれど、たまには胸が張り裂けるくらい自分を追い込んで目標まで走らないと身体はなまっちゃう。

みんなと歩くのは楽しいけれど、一人孤独に耐えてまっすぐ歩くのが悪いわけじゃない。

ね、道の歩き方は人生の生き方そのもの

で、歩きスマホってなぜ悪いか。

自分の世界だけを見つめながら下を向きつつ時々都合のいい時だけ顔をあげて歩いていて、周りに気を遣えずぶつかりそうになっている。そのくせ相手が気を遣ってよけてくれていることには全く気づかず、まるで自分は上手に歩いている気でいる。
さらに言えば視線の先にあるその自分の世界の「情報」には
言っちゃ悪いが「今」見なければならないほどの価値はない。

ね、とっても嫌なやつでしょ。

お願いだから、やめてほしいです。歩きスマホ。

本当は注意したいくらいです。

何とか抑えてますけどね。

&show(): File not found: "lynDyjGSR9eR57ouPIEE_IMG_woods.jpg" at page "QBlog-20140916-1";

コメント


認証コード7024

コメントは管理者の承認後に表示されます。